Neoprecision therapeutics 株式会社

Research
and
Development
研究開発

私たちは、現在のがん治療法が持つ課題を
個別化治療で解決することを目指しています。

「ネオ抗原活用自家細胞療法」

「腫瘍溶解性ウイルス療法」

をがん治療の標準療法とし
多くの患者を救うことに貢献します。

ネオ抗原活用自家細胞療法

がんを特定する目印となるネオ抗原ペプチドをつけた免疫細胞(樹状細胞)を、患者の体内に接種します。 これによりネオ抗原特異的T細胞受容体を持ったT細胞が出現し、がんを攻撃します。

ネオ抗原活用自家細胞療法

腫瘍溶解性ウイルス療法

東京大学医科学研究所、九州大学により開発された
安全性・有効性に優れる遺伝子改変コクサッキーウイルスB3型(CVB3)を使ったがんの治療法です。
このウイルスはがん細胞内で増殖し、効率的にがん細胞を破壊します。

腫瘍溶解性ウイルス療法